今まで見てくれた人: 今ココを見てる人:
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

TT01F(前編)

TT01Fについて詳しく書いていきます。


※高校生時代に作った物なので細部まで考えて設計されていません。
※改造、製作等は自己責任でお願いします。



・外観
TT01F外観

・TT01Fについて
タミヤから発売されているTT01を基に、ドリフトしやすい様にフロントモータの形にしたシャーシ。
名前は基シャーシであるTT01とFront MotorのFから由来している。

・コンセプト
TA03Fの様にとにかくフロント荷重を重視。
他者が真似出来ないアイデアにする。


・製作過程
①進行方向の変更
TT01をフロントモータにするにあたって、進行方向を逆にすることが必要。
その方法の中にモータ端子を逆接続する方法があるが、止めた方が良い。
元々模型などに使用されているモータには正回転方向が・・・(以下略
とりあえず、デフギヤを左右逆に取り付ける方法で進行方向を変えました。
この事に関しては他サイトで詳しく紹介していたハズなのでここでは言いません。

②サスアームの変更
今回はTA05ーIFS用のサスアームを流用しました。
サスアーム
流用方法はリバサスの流用方法と同じなので詳細は紹介しません。
方法としてはギヤボックスかサスアームを削って付けます。
フロントナックルに関しては写真の様に左右逆に取り付けます。
サスアーム2
この時、ダンパーなどの配置に影響が出ますが、それについては後編で紹介します。


③サーボの取り付け
フロントモータにするとステアリングリンクを組む場所がなくなってしまいます。
その為今回はギヤボックスの前、シャーシの最前部に取り付けます。
取り付けには専用のサーボステイを自作してフロントステフスナーに固定しました。
サーボステイの加工図は以下の通りです。
7.3mmと微妙な板厚ですが手元にあった物がこれしかなかったので・・・。
※加工図はリメイク版です。
パーツ1
パーツ2
加工後、M3六角穴付きボルトで組み立てるとこんな感じ。
サーボステイ
これをサーボに組み付けるとこんな感じに
サーボ取り付け1サーボ取り付け2
加工図通りに作るとサーボの取り付け部はナットを使わずに固定できるようになります。
サーボはフタバのS3003を使用しています。
他のサーボでは各部の寸法が若干違うようなので確認してから製作してください。
シャーシへの取り付けはこんな感じ
シャーシ取り付け1シャーシ取り付け2
フロントステフスナーの裏側からネジで固定します。
俺は2本のみで固定しています。
今のところ緩んだり、外れたりの害はありません。



後編へ続く。
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://50079689.blog102.fc2.com/tb.php/330-079f5764

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。